Checklists

応急用具セット&計画チェックリスト
非常用飲料水の保存法 – リットル
ေまず低く、頭を守り、動かない
地域外のコンタクトカード


緊急事態はどんな時でも発生しうるものです。 お住まいの地域によって、それが冬季の暴風、洪水、地震、火山泥流、津波、火災、または危険物質の放出であったりします。 あなた自身とご家族の安全のために、いかなる種類の災害に対しても備えておくことが重要です。ライフラインが回復するのには数日から数週間かかる場合があるため、最低3日間(大惨事の場合はそれ以上)自給自足できるようにプランしておきましょう。

緊急時にあなたの最愛の人や財産を守るためにできる具体的なことがいくつかあります。 それは以下のようなことです。

プランを立てる – 家族が離れ離れになってしまった場合に、どうやって連絡をとり、どこで会うか決めておきます。

緊急時キットを準備する – 飲料水、保存食、救急箱、懐中電灯、予備の電池、手動発電または電池式のラジオ、処方薬などの暖かい衣類や現金などの生活必需品を含めます。 ペット用品も忘れないでください!

関与する – 近所の人々と知り合いになり、支援を必要とするかもしれない人々の手伝いに備えたり、CPR(心肺蘇生救助)/応急処置を学んでおきます。

情報に通じておく – 地元や地域の警報システムに登録し、地元のマスコミチャンネルに耳を傾けます。